札幌市豊平区の歯科医院 歯医者 にこにこ歯科

札幌市豊平区のにこにこ歯科
札幌市豊平区のにこにこ歯科
札幌市豊平区のにこにこ歯科
札幌市豊平区のにこにこ歯科

診療科目

矯正歯科

矯正歯科

矯正治療は良く噛める正しい噛み合わせと、美しい歯並びを作る治療です。

不揃いな歯並びや噛み合わせを人為的な力を加えて、歯を移動したり、上顎・下顎の骨の形態に変化を起こし、きれいにそろえ、噛み合わせを良くすることで、口もとの形を整えるのと同時に、食べ物を良く噛めるようにすることを目的としています。

子供は顎の成長、歯のはえかわりに順じながら治療を行います。
成人は、歯と歯周組織の健康を保ちながら歯の移動を行うことができます。

歯並びが悪いと・・・
  • 食べ物を良く噛めない。(咀嚼機能障害)。
  • 歯が磨きにくく虫歯や歯周病になりやすい。
  • 言葉がはっきりしない(発音障害)。
  • 口臭が気になる。
  • 口元が気になる(心理障害・コンプレックス)。

などの障害が起こりやすくなります。

きれいな歯並びにすることは、口元を美しくするだけでなく、正しい噛み合せによる健康の増進、消化を助け、何より心理的な面において自信を持つことができ、何事に対しても積極的な意欲が湧いてきます。一生を通じて、心身ともに健康な生活の実現に役立ちます。

子供の場合も同様で、成長するにつれ美しさに敏感になってきますので、整った歯並びや容姿は、お子さんに明るく積極的な性格をもたらしてくれるでしょう。

矯正治療が必要な歯並び・噛み合わせ
様々な不正咬合
出っ歯・上顎前突

【 出っ歯・上顎前突 】

上の前歯が極端に前に出ている状態。日本人に比較的多くみられる症状です。

【 症例を見る ↓ 】

反対咬合(下顎前突)

【 反対咬合(下顎前突) 】

下の前歯が上の前歯より前に出ている状態。受け口ともいい、横顔がしゃくれたように見えたりします。

【 症例を見る ↓ 】

すきっ歯・空隙歯列(くうげきしれつ)

【 すきっ歯・空隙歯列(くうげきしれつ) 】

歯と歯の隙間が開いていて、食べ物がはさまりやすかったり、隙間が目立ちます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

【 過蓋咬合(かがいこうごう) 】

上の歯が下の歯に深くかぶさっている状態。顔が短く見えたり、歯の接触で大きく損傷してしまうこともあります。

【 症例を見る ↓ 】

乱ぐい・叢生(そうせい)

【 乱ぐい・叢生(そうせい) 】

歯が重なり合い凸凹の状態。八重歯や乱ぐい歯ともいい、歯磨きが難しく虫歯や歯周病へのリスクが大きいです。

【 症例を見る ↓ 】

開咬(かいこう)

【 開咬(かいこう) 】

前歯を閉じても噛み合わず隙間があいてしまう状態。食べ物によっては噛み切れないこともあります。

【 症例を見る ↓ 】

交叉咬合(こうさこうごう)

【 交叉咬合(こうさこうごう) 】

歯の噛み合わせが部分的に反対になってしまっている状態。顔が歪んだり(非対称)、食いしばりができない方もいます。

矯正治療を始める時期は?

◆子供の場合

近い将来、顎の成長に問題が出る可能性がある場合は状態に応じ早めに第1期治療(顎の矯正治療)を行ないます。状態によっては小学校低学年のうちからの治療が必要になることもあります。

  • 順調(正常)に顎が成長しているか?
  • 上顎と下顎の位置や大きさなどの関係が正常か?
  • 小学校高学年(第2次成長期)に向けて、上顎と下顎の関係が崩れる可能性は?

一般的には、顎の矯正治療(第1期治療)後は永久歯への交換が始まるまで待ちます。永久歯への交換が始まったら、状態を診て第2期矯正治療(歯の矯正)を始めます。

◆大人の場合

顎や歯の状態が安定しているので、いつでも矯正治療を始めることができます。年齢とともに歯が動きにくくなるので、早期治療をお勧めします。

矯正治療の期間はどのくらい?

一般的には治療期間は2年ほどですが1年前後の個人差があります。また歯並びを整えた後、1~2年の保定期間が必要になります。

保定期間とは顎の骨が固まり歯並びや噛み合わせが安定するまで保定装置をお口に装着して矯正治療後の状態を保つ期間です。最良の矯正治療のためにも保定装置を正しく用いて、適切な保定期間を過ごしましょう。

◆矯正治療中の通院

矯正期間 : 毎月1回の通院(状態によります)

保定期間 : (経過観察期間)3~6ヶ月毎に通院

矯正治療法
マルチブラケット法

矯正治療の中でも最も頻繁に行われる治療法です。
1本1本の歯に、金属(ブラケット)を接着し、ワイヤーを通して力を加え、それぞれの歯を移動させます。安価で安定した矯正を行うことができます。

治療当初は、痛みや、違和感がありますが、数日で慣れてきます。矯正中は歯磨きの磨き残しをしがちですので、専用の歯ブラシを使用した歯磨き指導も行っております

MTM矯正(部分的な矯正)法

部分矯正のことで、「すきっ歯」や「斜めに生えた歯」など、1本~数本の歯を整える矯正治療です。患者様の負担も少なくなります。個人差がありますが、早い方でしたら3ヶ月ほどで歯が整います。その後、保定装置を装着し安定させます。
また、インプラント治療を行う際に、歯を失った部分の周りの歯が片寄ってきてしまった場合にも適用できます。

床矯正法

取り外し可能な床(しょう)という装置をお口の中に入れ、顎を少しずつ拡大する矯正治療法です。
低年齢からの治療が可能で、多くの場合、歯を抜かずに治療できます。
歯磨きや食事の際には自分ではずすことができますので、虫歯にもなりにくいです。

裏側(舌側)矯正

上下共に歯の裏側に矯正装置を装着します。
装置が見えるという矯正の最大のデメリットを大きく軽減させてくれる矯正治療法です。
治療したばかりの頃は発音のしにくさや違和感などがありますが、1~2ヶ月程度で慣れてきます。
人に見られる、話しをする職業の方におすすめです。

矯正治療の症例

出っ歯・上顎前突の矯正治療例

出っ歯・上顎前突の矯正治療例

反対咬合・下顎前突の矯正治療例

反対咬合・下顎前突の矯正治療例

上下顎前突の矯正治療例

上下顎前突の矯正治療例

過蓋咬合(かがいこうごう)の矯正治療例

過蓋咬合の矯正治療例

乱ぐい・叢生(そうせい)の矯正治療例

乱ぐい・叢生の矯正治療例

開咬(かいこう)の矯正治療例

開咬の矯正治療例

右上1番の歯が歯頸部で破折 (本来なら抜歯となるケース)

歯が折れる前の状態
歯頚部で折れた歯の状態
MTMで牽引します
矯正装置を外し根の治療と歯肉整形を行い歯肉の状態を改善します
根の治療が終了し歯肉が回復しています
再破折防止のためファイバーポストをセット
ハイブリッドセラミックブリッジセットを設置して終了です

◆歯の破折(はせつ)
人や物にぶつかって歯に強い外圧がかかり、歯が折れてしまうことがあります。
歯冠のヒビや歯が欠けてしまうような歯冠破折、一見折れてないようでも、歯の根のヒビ・折れてしまった歯根破折などがあります。
症状も簡単なものから複雑なものまであり治療法も異なります。抜歯にならないためにも、すぐに歯医者さんへ行き診てもらいましょう。

矯正専門医
矯正専門医 松原 望

最新の技術・治療方法に対する勉強を忘れずに、より良い医療を常に提供できるように精進いたしております。

私自身も矯正治療を受信した経験があり(私の父に治療してもらいました)、そういった経験もいかした診療を常にこころがけております。

にこにこ歯科では、毎月第3水曜日の14時から、「ノエル矯正歯科」の松原先生による矯正診療を行っております。矯正専門医による技術の高い治療をぜひご体験ください。

ページTOPへ
診療科目メニュー
一般歯科
歯周病治療
小児歯科
矯正歯科
審美歯科
インプラント
入れ歯(義歯)
マウスガード
診療科目メニュー
  • 診療時間
  • 月、木 9:00 - 20:30
  • 火、金 9:00 - 19:00
  • 土曜  9:00 - 18:00
  • (お昼休み12:30 - 14:00)
  • ※毎月第3水曜日は14時から矯正診療日になります。
    Drの都合により第4水曜日になる事もあります。
    詳しくは、お問い合わせ下さい。
  • ※受付終了は30分前までとなっております。
  • 休診日
  • 水・日・祝日
  • 医院マップ
にこにこ歯科 医院マップ
  • ○中央バス「西岡3条10丁目」より徒歩1分
にこにこ歯科 携帯サイトのご案内 主要3キャリア対応
にこにこ歯科ではAEDを設定しています