札幌市豊平区の歯科医院 歯医者 にこにこ歯科

札幌市豊平区のにこにこ歯科
札幌市豊平区のにこにこ歯科
札幌市豊平区のにこにこ歯科
札幌市豊平区のにこにこ歯科

診療科目

スポーツマウスガード

スポーツマウスガード

マウスガードとは弾力性のある素材でできた口の中の保護器具のことで、衝撃から「口や顎のケガ」「脳震盪(のうしんとう)」などを防止し、歯を食いしばることでバランス感覚の安定と身体能力・筋力の上昇を目指した器具のことです。
マウスガードで真っ先にイメージされるのが、ボクシングや格闘技、ラグビーなどかと思います。しかし、最近では、野球やサッカー、ソフトボール、ラクロスなど様々なスポーツでも使用者が増えてきております。

スポーツにはケガはつきものです。選手同士でのコンタクトはもちろん、ボ-ルや相手選手の肘や頭がぶつかるなど数多くの危険が伴います。ケガをしたり歯を失ってしまえば、費用がかさむだけでなく、ご自身の体にも大きな負担をかけます。そうなる前に、マウスガードでケガの予防を行いませんか?

マウスガードの効果
  • 歯と顎関節の保護
    歯と顎の形に合ったマウスガードにより衝撃を緩和させ、歯や顎、口の周りのケガを防ぎます。
  • 脳震盪(のうしんとう)の予防
    脳震盪は一度起こしてしまうと、起こりやすくなってしまいます。
    アメフトやラグビーなど、歯を食いしばることで、衝撃ら脳の揺れを軽減させます。
  • 顎の骨折の予防
    マウスガードのクッションにより、衝撃の強さを分散させます。
  • 顔面・口腔粘膜の保護
オーダーメイドのマウスガード
オーダーメイドと既製品の違いは?

当院では、完全オーダーメイドのマウスガードを製作しております。
患者様ごとに歯型を採り製作しますので、ぴったりお口に合ったマウスガードをご用意できます。

オーダーメイドと既製品との違いは、大きく分けて2つあります。

マウスガード

1つは、フィット感(適合性)です。
市販されている既製のマウスガードは、もともと馬蹄(ばてい)型をしているものをお湯で温めて、自分の歯列に押し付けて合わせます。人間の歯の大きさや歯並びは、百人百様で同じ人は絶対にいません。それを1つの大きさのマウスガードで合わせようとすること自体に無理がありますし、当然フィット感はありません。
フィット感の悪いマウスガードは、トレーニング中やゲーム中に外れやすく、それだけで集中力が逸れてしまいます。また、声を出すと外れてしまうので、ゲーム中のコンタクトがスムーズにいきません。

もう1つは、噛み合わせの高さです。
人間は普段何の意識もせずに噛むという行動をしています。食事はもちろんのこと、運動時から考え事をしている時のような通常の生活時まで、知らず知らずに歯を食いしばるという行動をしています。この食いしばる時の上下の歯の噛み合わせの位置(高さ・顎の位置)がパワーの上がる高さや、バランスの上がる位置など、個人によって全く違うので、測定してマウスガードに付与し、スキルアップを測ります。

もちろん、市販のマウスガードでは、噛み合わせの高さを調整することなどはできません。それどころか、下の歯並びに合っていないので、安定して噛み込むことができず、怪我の予防・スキルアップどころか、顎関節症を引き起こす危険性が高いのです。

実例1 : プロスノーボーダー 三宅明寿子さんの場合
プロスノーボーダー 三宅明寿子さん

プロスノーボーダー
三宅明寿子さん

昨年、偶然当院へ来院され、スポーツマウスガードを製作していただきました。
当初は、できるだけ地味目なデザインというご希望をいただいていたのですが、「FUSION」菅原さんのセンスにより、とっても可愛らしいマウスガードができ上がりました。

三宅さんの個人ブログ(2009年5月3日の記事)でも、当院をご紹介いただいております。
製作秘話は下の画像をクリック↓

あすこ日記

スポーツマウスガード スポーツマウスガード
あすこ日記

スポーツマウスガード FUSION

当院で製作するスポーツマウスガードは、全てのFUSIONの菅原さんの手により作られています。
いつもご対応いただきましてありがとうございます。

スポーツマウスガード製作例
マウスガードQ&A
Q1.呼吸は苦しくないのですか?

マウスガードを装着していない時と比較すると、呼吸は苦しいです。

マウスガードの装着によって、口腔内面積が減る分、酸素の流入量は減ることによるものです。ですから、日々のトレーニング時からの装着を守ってもらっています。
酸素の流入量が減っている状態で、普段からトレーニングをしていると、心肺機能が向上します。少ない酸素量で筋肉を動かす事を身体が学習し、進化するのです。

個人差はありますが、一般レベルで肉体が改造されるのに必要な期間は、2~3ヵ月です。
この期間を過ぎると、苦しくなくなります。

Q2.オーダーメイドのマウスガードはどの歯科医院でも作ってくれますか?

実際には、歯科医師が製作するのではなく、歯科技工士が製作するので、マウスガードの理論と製作技術を持った歯科技工士と、しっかりとした印象(型を取ること)を取ることの出来る歯科医院で、製作されるのが一番良いのです。
しかし、外観からではそれらの情報は分からない場合が多いので、事前に確認しておくのが良いと思います。一番心配なものは、技術も知識も無く、マウスガードを作る歯科医師・歯科技工士が増えている事です。

わからない場合には、メール等でご連絡いただければ、なるべくお近くの信頼できる歯科医院をご紹介いたします。

Q3.マウスガードは試合の時だけ装着すれば良いのですね?

いいえ!違います!
普段のトレーニング時から、常に装着してください。
正しく製作されているマウスガードであるならば、日々の練習時から装着する事によって、初めてスキルアップが望めるのです。

ドーピングや、薬物のように装着したとたん、急にパフォーマンスが上がる事などありえません。大切な事は、正しく製作されたオーダーメイドマウスガードを装着し、選手が伸ばしたい能力に合った、正しいトレーニングを正しく行う事です。これによって、今までよりも効率的にパフォーマンスの向上が望めます。

トレーナーさんのいないチームや個人の方のために、トレーニング指導(有料)や、トレーナーさんを紹介しています。マウスガードの理論を理解し、質の良いトレーニングとケアのできるトレーナーさんが理想的です。

Q4.虫歯があるのですが、マウスガード作ることができますか?

虫歯があると、マウスガードは作れません。
というより、「作りません」というのが正しいです。

人体に直接触れる物を制作する以上、医療でありますから、虫歯があるのを無視して、マウスガードを製作しても、そのマウスガードの能力(効果)が、十分に発揮されません。
オーダーメイドのマウスガードの効果を100%発揮させる為には、虫歯があってはいけません。

ページTOPへ
診療科目メニュー
一般歯科
歯周病治療
小児歯科
矯正歯科
審美歯科
インプラント
入れ歯(義歯)
スポーツマウスガード
診療科目メニュー
  • 診療時間
  • 月、木 9:00 - 20:30
  • 火、金 9:00 - 19:00
  • 土曜  9:00 - 18:00
  • (お昼休み12:30 - 14:00)
  • ※毎月第3水曜日は14時から矯正診療日になります。
    Drの都合により第4水曜日になる事もあります。
    詳しくは、お問い合わせ下さい。
  • ※受付終了は30分前までとなっております。
  • 休診日
  • 水・日・祝日
  • 医院マップ
にこにこ歯科 医院マップ
  • ○中央バス「西岡3条10丁目」より徒歩1分
にこにこ歯科 携帯サイトのご案内 主要3キャリア対応
にこにこ歯科ではAEDを設定しています