札幌市豊平区の歯科医院 歯医者 にこにこ歯科

札幌市豊平区のにこにこ歯科
札幌市豊平区のにこにこ歯科
札幌市豊平区のにこにこ歯科
札幌市豊平区のにこにこ歯科

診療科目

インプラント

インプラント

インプラントは、天然歯に近い噛み心地から「第二の永久歯」と言われる人工歯根のことです。

お口の中はとてもデリケートですから、歯が1本ないだけでも噛み合わせが悪くなり、体全体に大きな影響を及ぼします。
「歯周病で歯を失った」「歯が抜けたままになっている」「入れ歯が合わない」「入れ歯が見えて恥ずかしい」という方には、インプラントがお勧めです。

インプラントとは?
インプラント

インプラントとは、歯の抜けた部分にチタン製の人工歯根を埋め込んで土台とし、その上にセラミックなどの歯冠を装着する治療法のことです。
インプラント治療によって、天然歯のような自然な見た目だけでなく、「噛む」「話す」といった機能までも回復することができます。ブリッジのように歯を削る必要もありません。

噛むことは、人間にとって驚くほどの影響をもたらしますが、逆に噛めないことは、「筋力の衰え」「脳血流の悪化」「記憶力の低下」などの症状へと繋がります。インプラントにより、咀嚼機能を維持し、健康で楽しい生活を送りましょう。

にこにこ歯科では、世界で最も実績と信頼のある「ブローネマルク・インプラントシステム」を使用したインプラント治療を行っております。

インプラントの治療手順
インプラント 1回法
インプラント 1回法

1回法は、骨の量が十分にある方向けの治療法です。
インプラントを顎の骨に埋め込んだ後、頭部分を外に露出させておきます。そして、インプラントと骨の結合後に、人工歯を装着します。外科手術が一回で済みますので負担は少なくなりますが、適応できない場合や、細菌感染のリスクが高くなります。

インプラント 2回法
インプラント 2回法

2回法は、より安全なインプラント手術と言えます。
1回法と同様インプラントを埋め込み、一度歯茎を閉じてインプラントと骨が結合するのを待ちます。その後、再度歯茎を切開し、アバットメントと言われるインプラントと人工歯を結合するための支台を取り付け、人工歯冠を装着します。
手術が2回ありますので手間や期間がかかりますが、インプラントと顎の骨とが強固に結合しますので、感染リスクも低く、成功率も高い治療法です。より安全なインプラント治療と言えます。

前歯を1本失った場合
前歯を1本失った場合

ブリッジや入れ歯を使用する場合、周辺の健康な歯を削る必要がありましたが、インプラント治療は失った部分だけを治療すれば良いので、患者様の負担は少なくなります。

奥歯を失った場合
奥歯を失った場合

奥歯などを複数の並ぶように失ってしまった場合、通常のインプラント治療を行うこともできますが、インプラントブリッジという治療法を行う場合もあります。
金具を使用せず、埋入したインプラントによって歯を支えますので、強く固定され、負担が少なく、固いものでも安心して食べられます。

全ての歯を失った場合(オール・オン4)
全ての歯を失った場合(オール・オン4)

総入れ歯の方や、1本も歯がない方に行うインプラント治療です。
従来の知慮法とは異なり、最小4本のインプラントで上部構造を固定し、おおくの場合、手術した日に治療が完了しますので、期間が短縮でき、費用も少なく済みます。
全ての歯が天然歯同様の見た目を持ちますので、非常にキレイな口元が得られます。

特殊な治療法

虫歯や歯周病で歯を失い、歯がない状態を長期間放置していると、顎の骨は吸収されどんどん薄くなってしまいます。インプラントは顎の骨と強固に結合して初めて噛む力を発揮しますので、十分な顎の骨の量がないと治療することができません。

顎の骨が薄く治療できない方の場合、顎の骨を再生・生成する必要があります。手術が可能な状態にするには、骨幅を確保するための特殊な手術を行います。これらの手術により、今までインプラントを受けたくても受けられなかった方々でも、治療が可能になるケースが増えてきています。

ソケットリフト法

上顎へインプラント治療を行う際に、顎の骨の量が足りず、手術が困難な場合に行います。
上顎の上には鼻の奥へと広がる上顎洞という空間があります。骨が吸収され骨幅が少なくなった時に手術を行ってしまうと、インプラントが上顎洞を突き抜けてしまいます。
ソケットリフト法は、専用の器具を使用し、上顎洞の底部の骨を押し上げながら骨補填剤を充填することで、手術可能な骨幅まで再生させます。

ソケットリフト法
傾斜埋入法

ソケットリフト法と同様、骨幅が足りない際に行う治療です。
通常の治療法とは異なり、上顎洞を避けるように斜めに傾けてインプラントを埋入し、角度の付いた支台で人工歯を装着します。骨幅を増やす手術が不要となるため、治療期間はかなり短縮されます。
適切な位置を把握し斜めに埋入しなければなりませんので、難易度が高く、高い技術が必要な治療法です。

傾斜埋入法
インプラントの症例

義歯のバネにより歯が動揺して痛い (抜歯の可能性が高い)

右下3番に義歯のバネがかかっているため動揺して痛くて噛めない状態
右下臼歯部に3本のブローネマルクシステムインプラントを埋入
右下3番は根の治療をやり直し前歯と仮歯で連結して様子を見ていたところ動揺もなくなり痛みもないため抜歯を回避することができました
歯の根の治療後の状態 インプラント上部構造をセット
最終補綴物セット インプラント部はネジ固定式
インプラントにより金属のバネがなくなりました
ページTOPへ
診療科目メニュー
一般歯科
歯周病治療
小児歯科
矯正歯科
審美歯科
インプラント
入れ歯(義歯)
マウスガード
診療科目メニュー
  • 診療時間
  • 月、木 9:00 - 20:30
  • 火、金 9:00 - 19:00
  • 土曜  9:00 - 18:00
  • (お昼休み12:30 - 14:00)
  • ※毎月第3水曜日は14時から矯正診療日になります。
    Drの都合により第4水曜日になる事もあります。
    詳しくは、お問い合わせ下さい。
  • ※受付終了は30分前までとなっております。
  • 休診日
  • 水・日・祝日
  • 医院マップ
にこにこ歯科 医院マップ
  • ○中央バス「西岡3条10丁目」より徒歩1分
にこにこ歯科 携帯サイトのご案内 主要3キャリア対応
にこにこ歯科ではAEDを設定しています